RSS Feed

ワークライフを見直そう

相談することの大切さ

03/17/2016

仕事をしていると、つらいと感じることがあるのは当然です。肉体的なつらさか、あるいは精神的なつらさかにもよりますが、最も嫌なのはその両方が同時に襲ってきた時だといえます。この状況が長引くと、ストレスがたまり、健康を損ねる可能性も出てきます。

どんな仕事でも、それなりのつらさは伴います。しかし、もし耐えられないほどのつらさを味わっているなら、別の方法を考えるべきではないでしょうか。頑張れという励ましが効果を発揮する場合もありますが、逆効果になることも忘れてはいけません。むしろ、「頑張らないで」という励まし方が必要なケースもあるはずです。つらいと感じている本人が何らかのサインを出している場合、周囲の人や家族、友人などがそのサインを見逃さないことが大切です。また、実際に苦しんでいる本人も、内に抱え込むだけでなく、表に出す勇気を持つことが強く勧められます。

特に看護師の場合、その仕事の厳しさは一般の会社員には想像もできないほどだといわれています。その背景に、医療機関の構造的な人手不足があると指摘されています。さらに業務の性質上、極めて重たい責任を担っていることも挙げられます。患者の命や健康を預かる看護師が、適当にお茶を濁すといった仕事が許されないのはいうまでもありません。ミスが許されない極度の緊張と集中力を強いられる職場で、まともに休むことが出来ない状況に長期間置かれると、どれだけ元気な人でもつらくなるのは当たり前です。もし、そのつらさが耐えられないレベルに達した際は、自分のためにも家族のためにも、懸命な判断を下すことが望ましいのではないでしょうか。

そういった理由から、看護師さん専用のカウンセラーの方も存在しています。どうか一人で悩みこまずに、多くの人に助けを求めるようにしましょう。試行錯誤すれば、必ずあなたらしく働ける環境を見つけられるはずです。悩んでいる方にぜひ見てほしいサイト>>>《新人看護師のつらいお悩み相談倶楽部

No Comments Yet

You can be the first to comment!

Leave a comment